不倫の解決モデルケース

不倫の解決モデルケース

不倫の証拠がなくても慰謝料請求は可能です。
離婚しなければ慰謝料請求できないわけでもありません。
ご自身で判断されるのは大変危険です。まずはご相談ください。

婚約を受けてしまった方はコチラ

夫(妻)が不倫をしている

悪い事例 - 夫が不倫をしていたことが判明したAさん。

夫が不倫をしていたことが判明したAさん。専門家に頼むと費用がかかるため自分で相手方と交渉。その結果、慰謝料は20万円と取り決めた。Aさんは自作した書類(示談書)に相手方の署名捺印をもらい、金銭は後日振込みにて受け取った。

しかし、後になって20万円という額に不満を感じるようになり、今から増額できるのかを「慰謝料相談119」に電話で相談。その結果… 取り交わした書面は有効性が確認できるものであり、今からの増額請求は大変難しいと説明。

Aさんはしぶしぶ増額請求を諦めた。※関係解消当時からお任せいただいていれば、20万円という額にはならなかったでしょう。

ページの先頭へ戻る

良い事例 - 偶然、妻が不倫をしているのを知ってしまったTさん。

偶然、妻が不倫をしているのを知ってしまったTさん。離婚をするつもりは無いが、相手方には慰謝料の請求をしたい。しかし、どうすればいいのかわからない。最初から専門家に任せた方がいいと考えたTさん。

偶然「慰謝料相談119」をインターネットで知り、すぐに電話で相談。
その結果…
慰謝料相談119はこうやって円満解決!! Kさんから正式に依頼を受けて弁護士が慰謝料請求書を作成。慰謝料の対象であることをわかりやすく相手方に書面で伝えたところ…相手方からTさんへの提示額が80万円になりTさんも納得。当事務所で示談書を作成し、円満に解決。※ 書面作成のノウハウは企業秘密です。経験豊富な当事務所にお任せください。
慰謝料請求成功率(不倫・浮気)91% 約9割のお客様が最終的な結果(成功)に満足されています。
証拠の無い(もしくは、あっても証拠能力の疑わしい物)ケースも非常に多いです。
「証拠は無いけど…」という方、出来る限りのお手伝いを致します。

Tさんのお支払い費用(報酬・料金)
A.慰謝料請求書作成料(着手金) ¥26,250 - お客様の自己負担
B.成功報酬 示談金の10% - 自己負担ではない
C.示談書作成 ¥26,250 - 自己負担ではない
合計 自己負担は26,250円だけ

【なぜ自己負担額は26,250円だけなのでしょうか?】
それは「B.成功報酬」「C.示談書作成料」に関しては、相手方からの慰謝料の支払いを待ってのお支払いとなるためです。ですからお支払いいただく自己負担額は着手金にあたる「A.慰謝料請求書作成料26,250円だけ」となるわけです。

AさんとTさんの慰謝料の差は60万円です!
1人で無理をせず、最初(請求)からお任せください。

ページの先頭へ戻る