婚約破棄・解消の解決モデルケース

婚約破棄・解消の解決モデルケース

「婚約者が浮気をした」
「婚約者から一方的に別れを告げられた」
「婚約者の両親が結婚に反対している」など…
相手方に婚約破棄の理由があるときは、慰謝料や婚約に要した費用を請求できます。

婚約を受けてしまった方はコチラ

婚約者と別れることになった

悪い事例 - 相手方の浮気が原因で婚約関係を解消。

専門家に頼むと費用がかかるため自分で相手方と交渉。その結果、慰謝料として10万円を相手方は支払い、Aさんは自作した書類(示談書)に相手方の署名捺印をもらい金銭を受け取った。

しかし、後になって10万円という額に不満を感じるようになり、今から増額できるのかを「慰謝料相談119」に電話で相談。
その結果… 取り交わした書面は有効性が確認できるものであり、今からの増額請求は大変難しいと説明。

Aさんはしぶしぶ増額請求を諦めた。※ 関係解消当時からお任せいただいていれば、10万円という額にはならなかったでしょう。

ページの先頭へ戻る

良い事例 - 相手方から理由もなく突然「結婚できない」という申し出があって婚約関係を解消。

にもかかわらず、別れ際に相手方がKさんに提示してきた慰謝料はたったの20万円。しまいには「婚約なんてしていない」と言い出した。

納得のいかないKさんは専門家から請求してもらうことを決意し「慰謝料相談119」に電話で相談。
その結果…
慰謝料相談119はこうやって円満解決!! Kさんから正式に依頼を受けて弁護士が代理して慰謝料を請求。慰謝料の対象であることをわかりやすく相手方に書面で伝えたところ…相手方からKさんへの提示額が150万円になりKさんも納得。当事務所で示談書を作成し、円満に解決。 ※ 書面作成のノウハウは企業秘密です。経験豊富な当事務所にお任せください。
婚約成立の証拠がない状況での成功率83%

Kさんのお支払い費用(報酬・料金)
慰謝料請求書

示談書作成料

成功報酬

¥54,000

¥54,000

示談金の10%

  • Kさんご本人のお支払いはあくまで慰謝料請求書¥54,000のみ。当然、相手方が示談に応じない場合は、成功報酬・示談書作成料はいただきません。
  • Kさんご本人による請求との慰謝料の差は130万円です!1人で無理をせず、最初(請求)からお任せください。