離婚

離婚

「専門家と相談しながら離婚の手続を進めたい」
「離婚するのに調停(裁判所)まで利用したくない」
「離婚についていろいろと調べるのは面倒くさい」
「離婚する」と決まった段階でお任せください。出来る限りお手伝い致します。

婚約を受けてしまった方はコチラ

【離婚手続の進め方(なるべくお金をかけない方法)】

まず、協議で進める方がよいのか、それとも調停(裁判所)を利用した方がよいのかを考えましょう。

方 法
・親権について争いがある
・相手に離婚する意思がない
養育費慰謝料を一切払わないと言っている
最初から調停を利用した方が早い
上記に当てはまることなくおおよそ協力的である 協議で進めた方が良い
離婚協議書※は必ず作成するべき)

※離婚協議書とは、離婚後の取り決めを残すための書類であり、約束違反の有力な証拠として活用可能。

次に、協議で進めた方が良い場合、実際の離婚協議はどのように進めればよいのかを考えましょう。

メリット
デメリット
ご自身で調べて進める
費用がかからない
問題が生じる可能性が高い

調べるための時間が必要
専門家に依頼して進める
トラブルの可能性は
極めて低い

限られた時間の
有効活用が可能
費用がかかる
ページの先頭へ戻る

【当事務所からのご提案と離婚に関する費用】

離婚協議を進める最適な結論は、

費用と時間を必要最小限に抑え、かつ、トラブル発生の可能性が低くなる方法であって、離婚協議書の作成について安心できる方法でしょう。

なるべくお金と時間をかけず、効率的に離婚協議を進めることの出来る方法をケース別にご用意しました。

A.離婚協議書は自分で作成するが、最後のチェックだけしてもらいたい方
離婚協議書の校正 1回 21,600円
インターネットなどの情報を参考にご自身で作成した書類のチェックのみをいたします。
取り決めるべき事が不足していればお知らせし、さらに正しい書き方をお教えします。
自分で調べて相手と協議し、その内容を記した書類が不完全であったら意味がありません。
離婚協議書はそれほど難しい書類ではありません。当事務所が最後の総仕上げを行います。
※ 当事務所で書類作成はいたしません。
B.相談しながら離婚手続を進めたい方、スピーティーに正しい知識だけを得たい方
電話・メール有料相談 1ヶ月 10,800円
契約期間内であれば、追加の相談料が発生することなく弁護士へのご相談が可能です。
離婚協議は長期化することが多く、1回2回の相談で解決できることはほとんどありません。
またご自身で調べるのと比べてスピーディーに正しい情報が手に入ります。※ 当事務所で書類作成はいたしません。
C.書類作成から相談まですべてを任せたい方
離婚協議書の作成 54,000円
こちらはいわゆるオールインワンのパックです。
書類作成はもちろん、完成までの相談料込み。
とにかくあれこれと考えるのが面倒な方はこちらのコースをご利用ください。
ページの先頭へ戻る